HOME>トピックス>住まいのトラブルにもしもを~瑕疵保険について知ろう~

住まいのトラブルにもしもを~瑕疵保険について知ろう~

部屋

瑕疵とは

瑕疵(かし)とは、一般的に何らかの欠点や欠陥があることをいいます。法律用語として使われることもあり、民法上では契約等における意思表示や売買等の有償契約の目的物に関する欠陥・不備などが問題となります。たとえば、詐欺や強迫によってなされた意思表示は、瑕疵ある意思表示として基本的に取り消すことが可能です。また、売り手から買い手に引き渡された目的物の権利関係または目的物そのものに瑕疵がある場合には、買い手は売り手に対して損害賠償や契約の解除等を請求することができます。つまり、本来意図されていた法律上の効果を完全に生じさせることができず、それを補う必要があり、場合によっては契約等を消去しなければならないような欠点を指しているのが法律上の瑕疵です。

家族

保険に加入する理由

たとえば、住宅を新築する場合には、売り手は建築基準法等に基づき適切な性能が確保された家を買い手に提供する必要があります。仮に、引き渡された家に瑕疵つまり欠陥等があった場合には、売り手は補修や損害賠償などの義務を負うことになります。これは、中古住宅の販売やリフォーム等の場合でも同様です。販売した住宅やリフォーム等に何らかの欠陥があったとき、その補修にかかる費用等を補償するのが瑕疵保険です。この保険を契約するのは買い手ではなく、欠陥を担保する責任がある売り手の側です。加入すると、もしもの時に役立つだけでなく、瑕疵を予防するために建築士による第三者のチェックが入ります。そのため、品質確保の点から見ても二重の安心を得ることができます。また、保険の有効期間内に、万が一売り手である事業者が消滅しているような場合には、買い手が直接保険金を請求することもできます。安心の住宅購入やリフォーム依頼のためには、売り手がきちんと瑕疵保険に加入してくれていることがとても大切です。