HOME>クチコミ>専門コンサルタントに相談して良かった!保険で節税対策が可能

専門コンサルタントに相談して良かった!保険で節税対策が可能

計算

節税対策で保険を利用する方法もあります。こういった知識を身につけるには、専門家への相談が最適です。実際に専門家に相談して節税対策をしっかりおこなっている人は多くいます。

レビュー

安心して経営を続けていくことができます(40代 男性)

日本の法人税は、引き下げられたとは言え、外国と比べるとまだまだ高額で、どのような節税対策を行ったらよいか毎年悩んでいました。ここ数年は、その年の売り上げに見合ったボーナスを社員に支払っていましたが、いつしか「ボーナスが出て当たり前」という声に変わってきたことに不満を持っていました。もちろん、ボーナスを支払うことで社員のモチベーションが上がり、仕事の効率アップにつながりますが、今一度、節税について勉強しようと専門家に相談することにしました。コンサルタントでの相談の結果、保険に加入することで節税対策になると聞き、早速、役員等にがん保険に入ってもらいました。税制改正によって、節税の効果は以前の半分に減少してしまいましたが、それでもやらないよりは節税になっています。何より、有能な社員が病気になったとき、安心して生活できる保険があることは、会社によっても大きなメリットとなっています。

こんな裏技があったんだって感じですね!(30代 男性)

毎年、会社の決算の時期になると、「何とかして、無理なく税金の支払いを減らせないものか」と悩んでいました。経費を増やして利益を少なく見せるために、年度末に大きな買い物をする年もありましたが、会社の貯えが減ることは不安の種にもなります。何とか、会社の財政に影響を与えず、且つ、節税対策になるような方法はないかと探っていた時に、専門のコンサルタントに相談する機会をいただきました。コンサルタントでは、社員に保険加入してもらい、それを経費とする方法を教えてもらいました。今の時代、多くの人が医療保険や生命保険に加入しているため、社員に一括に契約してもらい、会社が取りまとめをすることは、さほど難しいことではありません。会社と社員、両方にとって平等にメリットがあるため、保険を使った節税対策は、目からうろこの驚きの方法です。税金に関する専門家の立場から、自分たちにできる節税方法を教えてもらって、本当に助かりました。